刑務所ぐらし

仮想通貨をごちそうさま

【2018年10倍銘柄⑤】Skycoin (SKY)

f:id:guneru:20180217154620j:plain Skycoinは第3世代の暗号通貨です。ビットコインの欠点を問題視した人々によって作られ、その性能はビットコインをしのぎます。

送金速度は、ビットコインはもちろん、クレジットカードよりも遥かに早いです。
Skycoinの紹介トレーラーがありますので、ご覧ください。要点が一分ほどにまとめられていてとてもワクワクする内容です。

syicoinの概要(簡単に説明)

Skycoinは2013年に考案され、以来長年に渡り開発が続けられてきました。
しかも開発チームの中には、ビットコイン、イーサリアムの古い開発者がいます。

時価総額

f:id:guneru:20180217151842p:plain 時価総額はおよそ、1億5700万ドルほどで、これはビットコインの0.1%ほどです。 ビットコインに追いつくとまでは言えませんが、将来的に非常に大きく伸びる可能性が高いです。

供給量について

f:id:guneru:20180217153623j:plain Skycoinの総発行枚数は1億枚でそれらは全て発行済です。そのほとんどが運営によって保持されています。しかし心配する必要はありません。

2500万枚の発行枚数を除いた全てのSkycoin(75%)がロックアップされています。2500万枚は、最低でも10年以上かけてゆっくりと市場に流れていきます。
その全てが分配されたあと、75%のうち、5%が開放され、市場に放出されていきます。全てが放出されるにはさらに25年以上かかるそうです。どんなに早くても35年はかかるようですね。

ですので、運営が大量放出することによる市場破壊などを心配する必要はないそうです。Twitterで質問したら応えてくれたので、きちんとした運営である印象を受けました。

Skycoinという通貨

Skycoinはビットコインの様々な問題を解決するために長い時間をかけて開発されてきました。その間、マーケティングなどを行っていなかったため知名度が低いのですが、とても優れた通貨だと思うのでできるだけ多くの人に知ってもらいたいと思っています。ですので、できるだけ詳しく解説していこうと思います。

作られた理由

仮想通貨市場で最初に作られたビットコインですが、ローンチされてから様々な問題点が浮かび上がってきました。Skycoinはビットコインの欠点を改善し、Satoshi Nakamotoの真のビジョンを実現するために作られました。

Satoshiのビジョン

ナカモトサトシは、Bitcoinを分散型デジタル通貨として構想しました。ユーザー間で権力を分散させ中央集権に支配されない自由な通貨として。
しかし、PoWアルゴリズムに依存することや、マイナー達による中央集権が築かれてしまいました。 さらにビットコインのマイニングには莫大なエネルギーが使われており、環境への影響などが問題視されています。

SkycoinはPoWやPoSに代わる新しい合意アルゴリズムを採用し、マイニングなどを行う必要がありません。トランザクションは数秒で完了するので、送金で待たされイライラする事はないでしょう。

Skycoinの5つの核

f:id:guneru:20180217171231j:plain

1. SKYCOIN

Satoshiの真のビジョンを実現するために設計された、分散化、51%攻撃への耐性、高速取引を備えた暗号通貨。

2. SKYWIRE

トラフィック/帯域幅を転送することで、Skycoinを獲得できるメッシュネットワーク。 参加することで報酬が支払われる点を除けば、TorやBitTorrentのようなものです。

3. SKYLEDGER

EthereumのERC20に似たプラットフォームです。とても優れていることを除けば同じようなものです。

4. DApps

上に挙げられた3つの上に構築されるアプリ

5. SKYMINERS

当社の独自のハードウェアプラットフォームです。すべてをサポートする土台としての役割を果たします

プロダクト

Skycoinの5つの核の中で特徴的な3つについて説明していきます。

Skyledger

ビットコインのマイニングシステムは明らかに失敗でした。Skycoinはマイニング報酬、取引手数料を廃止しました。代わりに、Skyledgerのコンセサスはweb of trust (信用の輪)に基づいて設計されています。

f:id:guneru:20180217202122j:plain

SkyledgerのコンセンサスアルゴリズムはObeliskと呼ばれています。 各ノードが公開鍵を持ち、各ノードが他のノードに参加し、信用の輪を形成します。

これらは環境に優しく、30ワットほどの携帯電話で実行することができます。これは、ビットコインのマイングプールが使うエネルギー(2017年で32テラワット)に比べて遥かに小さなものです。
※テラ=10の12乗 (1000億)

Skyledgerは情報を保存するだけでなく、ユーザーに貴重なサービスを提供します。これは、分散型ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)であるSkywireの形でもたらされます。
オープンソースなので、Skyledgerを支える革新的なテクノロジーを、誰もが利用することができます。真の分散型ブロックチェーンネットワークとして、Skyledgerには無数のアプリケーションがあります。企業はすでにビジネスを構築するために使用しています。

例をあげると、電力会社のSolar Bankersがあります。 Solar BankersはSkyledgerのブロックチェーンを使用してエネルギー部門を分散しています。Solar Bankersを使用すると、ユーザーは太陽光発電を生成し、それを直接取引することができます。
Solar Bankersや他の企業はSkyledgerテクノロジーで自国通貨建てを選択しています。それは、Skyledgerが最高の暗号化、スピード、信頼性を提供しているためです。さらに、完全なプライベートを持ちます。

f:id:guneru:20180217202308j:plain

Skyledgerを使用することで、共通プラットフォームを使用した独自の暗号通貨を作成することができます
Ethereumとは異なり、Skyledgerは他の通貨間で共有されないプライベートブロックチェーンを提供します。それは暗号化の強化と、トランザクションを検証して、不変かつ、51%攻撃に対しての免疫をもたせる独自の方法を使用しています。

プライベートブロックチェーンの利点の1つは、トランザクション速度の向上です。企業には、ネットワークが他の用途によって減速が引き起こされることを防ぐために、専用のブロックチェーンが必要です。
Ethereumは最近、CryptoKittesの流行で、この問題に悩まされています。CryptoKittesの流行は、現在ネットワークトラフィックの10%以上を占めています。 それにより、ETHの取引を劇的に減速させました。
Skyledgerの専用ブロックチェーンでは、このようなことが起こる心配はありません。

Skyledgerはブロックチェーンの本当の未来を表しています。トランザクションが高速で安全な真の分散ネットワークです。これをSkywireがサポートします。Skywireは従来のインターネット以上に、ユーザーがコントロールできるように提供するISPです。エネルギー効率が合理化されていて、何よりも、Obeliskアルゴリズムによるコミュニティコンセンサスが優れています。
Skyledgerは、Bitcoinができなかった、真の分散化によるP2Pインターネットを提供し、ユーザーに力を与えます。

Skywire (誰にも監視されないインターネット)

f:id:guneru:20180217205143j:plain

1. Skywireの目的
  • ブロードバンドの競争を促進。 ISPの代替手段を提供する
  • コミュニティがユーザー主導によるISPを立ち上げることを可能にする
  • 世界がオープンにアクセスできるメッシュネットを作成する
2. Skywireは新たなデスクトッププロトコル
  • 低レイテンシ
  • 高性能
  • プライバシー保護
  • 無線LANでの操作をサポート
  • クリアネットの操作をサポート
3. オープンなアクセスとプライバシー保護
  • クライアントを持つ誰もがSkywireノードに接続できます
  • ノードを通過するトラフィックからIPアドレスをたどることはできません
  • トラフィックを転送するノードは、前のホップと次のホップしか見ることができません
  • 受動的に観察する第三者は、個々のパケットをストリームまたはユーザにリンクすることはできません
  • 第三者と転送ノードはトラフィックの内容を読み取ることができません

Skyminer

f:id:guneru:20180217205524j:plain:w250

Skywireのマイナーで、カスタム仕様で作られています。

8 CPU boards
2 GB of RAM per board
4 CPU cores per board
64 GB of storage per board
64-bit Linux (Alpine Linux)
Gigabit ethernet, 8+1 port switch

ユーザーは手動でノードを設置することができ、報酬としてSkycoinをもらうことができます。

f:id:guneru:20180217205544j:plain:w250

Skycoin チーム

創業者

Synth

f:id:guneru:20180218020018j:plain:left:w160

Bitcoinの初期の開発者の一人であるSynthは、8年前に、新しい分散型インターネットを作成するというビジョンを掲げ、Skycoinを作り初めました。彼はいくつかの暗号通貨プロジェクトの諮問委員会を担当しています。 Synthの背景には、数学、分散システム、記号論理学があります。

Houwu Chen

f:id:guneru:20180218022314p:plain:left:w160

HouwuはかつてのEthereumクリエイターの一人であり、分散化インターネットと通貨の心臓を担う"Obelisk"のホワイトペーパーの著者でもあります。

Steve Leonard

f:id:guneru:20180218022848j:plain:left:w160

SteveはオリジナルのSkycoinソフトウェアの大部分を書きました。Skycoinの前には、いくつかの一般的なエンタープライズ電子商取引のバックエンドを作成しました。 彼の背景には、関数型プログラミング、化学、数学が含まれます。

バウンティ

バウンティプログラムについて (英語)

Skycoinではバウンティプログラムが設けられており、それによってSkycoinを手に入れることができます。 例えばSkycoin公式ブログの翻訳ですと、その文字数に応じて、1 SKY - 6 SKYほどの報酬が受け取れます。これは日本円に換算すると2000円から10000円ほどになります。

取引所

C2CXや、cryptopiaで取引可能です

ウォレット

Downloads · Skycoin

上のリンクからダウンロード可能です。使いやすく、とてもいいウォレットだと思います。

まとめ

開発は市場にはクソコインが溢れかえっていることを嘆いており、本物を作るために日々開発を行っています。
ビットコインやイーサリアムが抱えている問題を解決したSkycoinはそれらの上位互換と言っていいでしょう。開発も進んでいるようなので、2018年は間違いなくこのコインに注目が集まることでしょう。

中身のないコインは生き残ることはありません。Skycoinは実際にSolar Bankersという企業に使用されているので、それだけの強みがあるということでしょう。

さらにイーサリアムと違って独自のチェーン上に新たな通貨を発行することもできるので、今後ERC20トークンの代わりに主流になっていく可能性も考えられます。
送金速度は数秒なので決済に用いることも可能でしょう。

以上でSkycoinという通貨がいかに技術的に優れているかということがわかっていただけたかと思います。この通貨は間違いなく上がりますので、その前に買っておくと幸せになれるかもしれませんね。