刑務所ぐらし

仮想通貨をごちそうさま

【高騰期待】時価総額2,500万ドル以下の草コイン 5選

f:id:guneru:20180211152855p:plain

仮想通貨を始めた人の多くは、初期投資に対して大きな利益を得たいと思っているでしょう。 しかし、現在20位内に入っているコインで10倍以上のリターンを得ることはかなり難しいのが現状です。

大金を持っている人であればローリスクローリターンを狙うのも一つの手ではありますが、ほとんどの人には難しいでしょう。初期投資が少なければ少ないほど、大きなリターンを得るためにはそれなりリスクを負う必要があります。

幸運なことに、市場規模が小さく小規模なプロジェクトはまだたくさんあります。それらはまだ成長の余地があり、最終的には時価総額が高くなることでしょう。

Litecoinのような通貨を見ると2017年だけで 8000%という膨大な成長を果たしており、次の通貨は何か?というのをよく耳にします。

この記事では、暗号通貨の市場においてより大きな時価総額へ成長し、それを維持するための潜在的な可能性を秘めている、時価総額2,500万ドル以下の5つの暗号通貨について説明します。

※データはこの記事を執筆している2018年2月11日のものです

Internet of People (IOP)

f:id:guneru:20180210210202p:plain

時価総額:1100万ドル

Internet of Peopleは暗号通貨市場で非常にうまく機能する能力を持った暗号通貨です。合計で約340万枚のコインが供給されていますが、この隠れた宝石は現在BittrexとUpbitで買うことができます。

IOPは、あるデバイスから別のデバイスへの直接通信を可能にするP2P(ピアツーピア)ネットワークの集まりです。
IOPは誰もが自由にプロジェクトを開発し、仲介なしに(中央集中型モデルに関係なく)参加することができる分散型プラットフォームに重点を置いています。
真に分散したシステムで人々に、IOPは公平なブロックチェーン管理システムを備えた分散ネットワークを提供します。

時価総額は低く、2018年に輝くでしょう。それに加え供給量がコイン一枚あたり、どれだけ価格をあげられるかを示しています(たった2100万枚の総供給)。そして、使いやすさと真の分散型設計は、SatoshiがBitcoinに持っていた元のビジョンと一致しています。

IOPを買える取引所

IOPはBittrexUpbitで購入できます。

長所:
  • 成長しているコミュニティと真の分散システムを提供し続ける開発(SatoshiのBitcoinのビジョンに似ています)は、このコインの信頼性を示しています。
短所:
  • Internet of Peopleは、目標を達成するために多くの開発時間とマーケティングを必要とするプロジェクトです。 

Zero (ZER)

f:id:guneru:20180211125557p:plain

時価総額:370万ドル

Zeroはプライバシーと匿名性に焦点を当てたZcashのフォーク通貨です。Zeroの歴史は他の多くのプロジェクトとは異なります。
当初、主任開発者がプロジェクトを去った後、バックの強力なコミュニティによって生まれ変わりました。

Zeroは、BitcoinとZcashの最高の機能を組み合わせて作られました。最大ブロックサイズが4MBの場合、ブロック内のトランザクション数が増え、最終的にネットワークが大幅に高速化されます。
市場での匿名通貨の需要が高まるにつれて、Zeroには多くの可能性と拡大の余地があります。

Zeroの時価総額は依然として低く、潜在的に大きくなる可能性を秘めています。このプロジェクトには創業者の報酬はなく、プレマインから始まったわけでもありません。
ブロックの生成時間は約2分で、Zcashより少し速く、Bitcoinと比べるとかなり速い。

Zeroを買える取引所

Zeroはcryptopiaでのみ買うことができます。

長所:
  • 高速ブロック検証と大きなブロックサイズにより、トランザクションが迅速かつ効率的に行われる
  • 供給量が少なく、成長する可能性が高い匿名通貨(より需要が増える)
短所:
  • 市場には多くの匿名通貨が存在するため、Zeroについての認知を広めるためには、コミュニティとチームによる多くの努力が必要
  • クリプトピアにのみ上場

Tokes (TKS)

f:id:guneru:20180211131735p:plain

時価総額:460万ドル

Tokesは、将来大きなROI(投資収益率)を得ることができると考えられる暗号通貨プロジェクトです。しかし、このトークンは1〜2ヵ月以内に10〜20倍の収益は見込まれない可能性が高いことに気をつけてください。長期保有で考えると場合、Tokesは大きな可能性を秘めています。

このトークンについて簡単な説明をしますと、TokesはWavesベースの資産(Wavesの分散型Exchangeプラットフォームで取引されている)であり、急成長を続ける大麻業界に焦点を当てています。

現在、Tokesの取引量の大部分はBittrexが占めており、残りはWaves Distributed Exchangeで取引されています。 Tokesは、マリファナ業界内で大きなパートナーシップを確保しており、トークンを使用して現実の問題を解決しようとしています。

Tokesの興味深い機能の1つが、Fiat(法定通貨)ゲートウェイを作成することです。現在、多くのマリファナの診療所が、銀行の不受入れや伝統的な金融システム内での作業に関連する問題のせいで、現金のみで事業を運営しています。
Tokesは、1:1ベースでUSDをTKSトークンにペッグします。つまり、US $ 1,000相当のTokesを$ 1,000として米ドルで引き出すことができます。ボラティリティのリスクはありません。

ラスベガスで事業を行うことは、Tokesプロジェクトにとってとても良い場所でした。ラスベガスのマリファナの法律や規制は、アメリカの他の地域と比べてかなり寛大です。

彼らは、ラスベガスで活動しているマリファナの診療所であるPisosと提携し、Herbology Toursとして知られる社会実験を開始しました。
パートナーシップは、TKSトークンを使用して診療所の電子決済ソリューションを提供します。これは、他のさまざまな診療所でPOSシステム(Fiatゲートウェイ)として機能するように拡大するため、本格的な導入に向けた最初のステップにすぎません。

Tokesの時価総額は約460万ドルで、市場には約150万枚の供給があります。
マリファナ業界が成長を続け、さらなる受け入れが見られるように、Tokesプロジェクトでは、トークンを使用してシームレスで効率的かつ不変の電子決済を可能にする現実のユースケースを提供することを計画しています。

TKSを買える取引所

TKSは、BittrexWavesで購入できます。

長所:
  • 成長産業において成長する可能性を秘め、実世界のユースケースを提供
短所:
  • BittrexとWaves DEX(ボリュームが不足)にのみ上場
  • 主流になるためには非常に長い道のりで、野心的なプロジェクト。

長いので簡単にまとめ

 

マリファナ診療所は銀行を使えないから現金で運営

そこでTokesを米ドルにペッグ(価値保存)

マリファナ業界での銀行

需要が増える→価格の向上

 

※非常に長期的なプロジェクト

Pure (PURE)

f:id:guneru:20180211142147p:plain

時価総額:320万ドル

 Pureは、Dashと非常によく似たP2Pの分散型通貨です。インスタント送信機能とプライベート送信機能を使用した匿名トランザクションは即時取引を可能にします。

ネットワーク内のマスターノードを利用することにより、PureはPoW(Proof-of-Work)/ PoS(Proof-of-Stake)のハイブリッドとして動作します。つまり、30,000ブロック目の確認が完了した後、ネットワークは完全にPoSシステムに移行します。

興味深いのは、マスターノードがかなり手頃で、2,500 PURE(約2,500ドル)しか必要ないということです。 Masternodesは、トランザクションを検証し、Pureの場合はインスタント・センドやプライベート・センドなどの異なるサービスを提供し、ネットワークを保護するために使用されます。

Pureプロジェクトは、マスターノードホルダーにとって非常にユニークなブロック報酬 - 65%のブロック報酬を提供します。これは非常に大きく、投資家がウォレット内で2,500ピュアを保持する大きなインセンティブとなります。

Pureの時価総額は、供給が約320万枚であることを考えると、非常に低いものです。 Pureは、インスタントおよび匿名のトランザクションを可能にする分散型価値ストアとして機能することで、他の多くの暗号通貨には提供できない支払いシステムとしてのソリューションを提供します。

プロジェクトとその基礎を支えるコミュニティが成長している事実は、Pureに明るい未来をもたらす可能性が高いことを意味しています。

PUREを買うには

PUREはCoinExchangeで購入できます

長所:
  • masternodeの価格は手頃で、2,500 PUREしか必要としません。 PUREコインのは一枚あたり約1.00ドルです(2/11現在)
  • インスタント・センドとプライベート・センド機能を使用して、ネットワーク全体で即時取引と匿名トランザクションを送信する
  • 成長しているコミュニティと拡大可能な余地がある供給/時価総額の低さ。
短所:
  • 1つの取引所でのみ取扱い
  • 新しいプロジェクトのため、より多くのマーケティング活動を行う必要がある

Sumocoin (SUMO)

f:id:guneru:20180211145853p:plain

時価総額:850万ドル

Sumokoinは、市場性、プライバシー、セキュリティ、およびトレース不可に関して市場でよく知られている暗号違反のMoneroのフォークです。

Sumokoinプロジェクトは、高いレベルのセキュリティとプライバシーを提供することで、Moneroの特性をエコーし​​ます。これは、リング機密トランザクションを統合し、最小リングサイズ12を使用して、悪意のあるブロックチェーン解析攻撃に対して高い耐性を持たせることによって行われます。

興味深いことに、Sumocoinを興味深いものにすることは、追跡不能であるということです。送信アドレスと受信アドレスは完全に暗号化され、処理された値は難読化によって隠されたままになります。

Sumocoinの時価総額は、大きな成長を期待でき非常に良い。プライバシーの問題がさらに浮き彫りになることによって、2018年はSumocoinを含む多くのプライバシーベースの暗号通貨の大きな年になるでしょう。
SumokoinがMoneroから分岐し、より高度なセキュリティとトレーサビリティを提供するコードを修正したことが、Sumokoinチームの進展を示しています。

SUMOを買うには

SUMOはCryptopiaとLivecoinで購入できます

長所:
  • 供給枚数は非常に低く(約1170万SUMO)、コインの価値は成長の可能性があります
  • Moneroのフォークであることは、ユーザーのプライバシー、セキュリティ、匿名性を高めるためのプロジェクトとしての正当性を示しています。 これは特に自国を信用できない個人にとっては非常に重要です。
  • スモコインは長期的なビジョンと目標を念頭に置いて設計されており、モネロの開発を積極的に進めています。
短所:
  • CryptopiaとLivecoinにのみ上場。 プロジェクトのさらなる認知のために、より多くの取引所に上場する必要があります

結論

暗号通貨の市場は非常に成長しており、一部のアルトコイン投資家は、業界の成長と発展を維持することによる投資で大きな利益を獲得しました。

私はこの記事で時価総額がかなり低く、成長の可能性を秘めたいくつかの暗号通貨について深く知られることを願っています。 この記事で言及されている5つのコインは、最低5倍の利益が得られるまで手放さないでください。

これらの銘柄は安全な投資とは言えません。ここでは「ハイリスクハイリターン」という言葉がぴったりでしょう。しかし、リスクを覚悟で大きなリターンを望み、投資する余裕があるのであれば、上記のコインをしっかり調べた上で購入するのもいいでしょう。


覚えておいてください:

do your own research(DYOR)、すべてを失う覚悟で投資をすること。

 

出典:

5 Sub-25 Million Market Cap Coins That Have Promise (Investment Opinion) - Invest in Blockchain